いきなりですが、公式からR6S(レインボーシックス シージ)推奨パソコンは発売されていません。

なので、ゲーミングパソコン購入アドバイザーの私が、R6S(レインボーシックス シージ)にぴったりな新しいスペックのパソコンを独自に推奨します。

ゲーミングパソコンって、よく調べてから買わないと、在庫処理のカモにされるんですよね。

なので、ここで知識をつけてください。

後悔しないゲーミングパソコンの買い方がわかります。

在庫処理のカモとは?

それは、グラフィックボードは最新のRTX2000シリーズなのに、CPUが前世代のi7-7700kを積んでいるパソコンを買ってしまうこと。

最新のCPUはi7-9700kです。間違ってi7-7700k搭載型パソコンを買わないでください。

i7-9700kはi7-7700kより性能が48%アップしています。

だから48%性能がUPしたi7-9700kを選んでください。

それに、メモリがDDR4でなくDDR3だったり・・・

メモリはDDR4-2666を選んでください。

前世代のパーツが組まれているパソコンを買うことは在庫処理のカモにされるということです。

グラボだけ立派なのを積んでいても他が安物や前世代のパーツならせっかくのRTX2000シリーズの力を引き出せません。

そして、いまだにGTX1000シリーズ搭載型を売ってるところもあるんですよね。

GTX1000シリーズは前世代のパーツで、性能が2000シリーズと比べると、性能はグンと落ちます。

しかも価格が安くなってるわけではないので、GTX1000シリーズを買うメリットはないです。

ここで紹介しているゲーミングパソコンを買うメリット

ここで紹介している当サイトのR6S(レインボーシックス シージ)推奨PCを手に入れると、あなたはどうなるでしょうか?

このパソコンを手に入れれば、スペック不足のPCを使っていたころに比べて、あなたのスコアはグンと良くなるでしょう。

勝負に勝てるパソコンです。

そして、チームメイトやゲーム仲間から一目おかれたり、尊敬されるでしょうね。

ここで紹介しているR6S(レインボーシックス シージ)推奨パソコンなら、R6S(レインボーシックス シージ)以外のゲーム、オーバーウォッチ、ウィッチャー3、BF5、GTA5、FF14など人気ゲームや、最新ゲームもサクサク、スイスイ快適に高画質で遊べます。

VRゲームだって快適でサクサクです。

高性能なので、普段の仕事などにも使えます。このパソコンを使うと生産力があがります。

過去に家電量販店でパソコンを買って後悔した

ところで私がどんな人間かというと、過去にゲーミングパソコンを買おうとして失敗したものです。

今でこそゲーミングパソコン購入アドバイザーとして記事を書いていますが、苦い経験もしています。

13年前の話なんですが、家電量販店で「ゲームが遊べるパソコンが欲しい」と言って、店員さんにすすめられた20万円近くのパソコンを買いました。

しかし・・・

その20万円のパソコンはグラフィックボードのつんでない、「グラボ無しのパソコン」でした。

店員がいうゲームとは何だったんでしょうか?

店員のいうゲームとはオセロや将棋だったんでしょうね・・・

まんまとカモにされました。

ものすごく悔しい思いをしました。

店員さんも悪気があったわけじゃないと思います。

店員さんも私も、あまりにもハードウェアの知識がなさ過ぎたのが原因です。

そんな悔しい経験から、パソコンのハードウェアを研究するようになりました。

それら勉強した知識をここで共有したいと思います。

今ではパソコンパーツは誰よりも詳しくなりました

パソコンパーツの雑誌を10冊以上は読んでいます。

その一部は下記の写真通り。

パソコン雑誌

パソコンパーツに関しては誰よりも詳しいですよ。自分で言うのもあれですが(笑)

グラフィックボードの重要性|R6S(レインボーシックス シージ)推奨PC

このページにたどり着いたあなたなら、グラフィックボード、略してグラボがどれほど重要か知っているかもしれませんね。

しかし、復習の意味も込めてグラボの話をさせてください。

グラボはおもにゲーム画面の描写力に関わる、ゲームをやるなら大事なパーツです。

最新のグラボはGTX2000シリーズです。GTX1000シリーズはもう古い前世代のパーツになり下がりました。

■ GTX1030
■ GTX1050
■ GTX1050ti
■ GTX1060
■ GTX1070
■ GTX1070ti
■ GTX1080
■ GTX1080ti

これら上記のグラボは全て古いです。

選んではいけないグラボです。

逆に新しいグラボとは

■ RTX2080Ti
■ RTX2080
■ RTX2070
■ RTX2060

です。

数字が大きいRTX2080tiが一番高性能です。
数字が小さいGTX2060がこの中では一番性能が低いです。

さて、あなたのプレイスタイルと予算に合わすなら、どれがいいのでしょうか?

R6S(レインボーシックス シージ)を快適にサクサク、スイスイ遊ぶならRTX2060?それともRTX2080ti?

RTX2000シリーズのグラボを比較・検討

これらのグラボの描写力をベンチマークの結果から比較してみます。

ドスパラのGPU比較

右の3桁の数字がグラボののベンチマークの結果です。
この3桁の数字が大きいほど高性能。

(SLIというのはグラボ2枚刺しのことを言います。
価格がめちゃくちゃ高いし、そこまでのスペックはいらないので無視して大丈夫です。)

これを見ると、

古いGTX1000シリーズの性能は

■ GTX1030は「75」
■ GTX1050は「231」
■ GTX1050tiは「261」
■ GTX1060は「410」
■ GTX1070は「594」
■ GTX1070tiは「660」
■ GTX1080tiは「909」

です。

新しいグラボRTX2000シリーズは

■ RTX2060は「計測中」
■ RTX2070は「871」
■ RTX2080は「898」
■ RTX2080Tiは「1053」

というベンチマーク結果になっています。

(RTX2080はコスパが悪いのでここでは言及しません。)

GTX1050ti搭載型のパソコン(ベンチ261)

GTX1050tiは古いグラボですが、安さを求めるならこれもありですね。

GTX1050tiはベンチ261以上こえていますからね。

これなら最新ゲームが低画質でサクサク遊べます。

お金を節約したい人で、かつ低画質でゲームが楽しめる人におすすめできるパソコンですね。

>>GTX1050ti搭載ゲーミングパソコンを見に行く

RTX2060搭載型パソコン(ベンチ計測中)

RTX2060はベンチ計測中です。

これなら最新ゲームを高画質でサクサク楽しめます。

RTX2060はお手頃価格なのに高性能ということでよく売れています。

コスパが良いので、パソコンを自作するユーザーに人気のグラボです。

>>RTX2060搭載ゲーミングパソコンを見に行く

RTX2070搭載型パソコン(ベンチ871)

ベンチマーク871を超えています。

この数値だとあらゆるゲームが4kの高画質にしてもサクサク快適に遊べますね。

フルHDならエピック設定やウルトラ設定でもチョーサクサクです。

VRだってもちろん遊べます。

120Hzから240Hz出せるので、画面が滑らかに高速に動きます。

普通のパソコンじゃ60Hzですがその2倍から4倍なめらかなんです。

つまり、動いている敵を正確にとらえることができます。

残像が残ったりもしません。

FPSやアクションゲームであなたは今よりもっと勝てるようになります。

コスパが良いので、RTX2060同様、パソコンを自作するユーザーに人気のグラボです。

>>RTX2070搭載ゲーミングパソコンを見に行く

RTX2080ti搭載型パソコン(ベンチ1053)

RTX2080はコスパが悪く、それを買うなら、RTX2070か2080tiを買ったほうが良いので、RTX2080の紹介は省きます。

RTX2080と2080tiはコスパが悪く、この性能が必要になるゲームは現在もこれから2年3年先も出てこないでしょう。

オーバースペックです。必要ありません。

コスパなどを気にしない人ならこの最上級モデルのパソコンを買うのも良いかと思いますね。

価格さえ気にしなければ文句の付けどころがないパソコン。

それがRTX2080ti搭載型ゲーミングパソコン。

>>RTX2080ti搭載のゲーミングパソコンを見に行く

この中の4つのグラボから1つを選んでください。

そしたら、あとはどこのパソコン通販サイトで買うべきか?

R6S(レインボーシックス シージ)推奨PCはどこのパソコン通販サイトで買えばいい?

20社以上のパソコン専門店を調べてみたところ、最適なパソコン通販サイトを見つけました。

小さい会社も含めると、ゲーミングパソコンを売っている会社は20を超えます。

マウス、サイコム、PC工房、DELLなどなど。

その中から私はドスパラを選びました。

なぜドスパラにしたのでしょうか?

【理由1】直接取引で中間コスト0の割安パソコンが買えるから

それは、コストパフォーマンスがいいから。

ドスパラは製品企画、部品の仕入・輸入、生産、販売、サポートまで自社でやっています。

だから、中間業者を通さないことで中間コスト0に抑えています。

本来なら中間業者に入るはずの手数料が入らないので、そのぶん、私やあなたはドスパラから安くR6S(レインボーシックス シージ)推奨PCが買えます。

そのほうがお得ですよね。

いわゆる直接取引。だから割安。

仕入れも直接取引

海外・国内を問わず、パソコンパーツ部材メーカーと直接取引を行うことで中間コストを減らしています。

そして、そのドスパラのパソコンをネットを通じて直接取引であなたは買えます。


※サードウェイブとはドスパラの会社で、デジノスはドスパラで販売しているパソコンの総称です。

動画を見ればわかりますが、ドスパラは国内生産で高品質です。

東南アジア産ではないので安心ですね。

【理由2】大手パソコン会社だから

ドスパラはBTOパソコン会社の中ではトップクラスの大手です。

そして、創業1984年と30年以上も続く老舗。

さらに、3年連続で価格.com満足度1位を受賞しています。

もちろん大手なので、intelやマイクロソフトと好条件のパートナーシップを結んでいます。

例えば、

■ intelとは「インテルプラチナパートナーシップ」
■ マイクロソフトとは「マイクロソフトGoldパートナーシップ」
■ AMDとは「AMDプレミアムパートナーシップ」

大手パーツメーカーやOSメーカーと好条件で取引できるわけです。

そのおかげで私やあなたは割安で高性能のゲーミングパソコンが手に入るんです。

【理由3】3年間は、あなたに過失があったとしても修理代がタダだから

■ 「パソコンを移動してたら壊れた・・・」
■ 「お茶をぶちまけて水で壊してしまった・・・」

こんな理由でも3年間は無料で修理してもらえます。

ただし条件があります。それはセーフティサービスに加入すること。

セーフティサービスに加入している間は3年間、無料で修理してもらえます。

他にもセーフティサービスに加入するメリットがあります。

それは、画面共有で無制限リモートサポートをしてもらえること。

あなたは専門用語がわからなくても、口下手でも大丈夫

画面共有でトラブルを解決してくれるので、電話サポートよりも迅速かつ的確にリモートサポートしてもらえます。

あなたの画面を直接、ドスパラのプロのスタッフがリモートで見ながら解決してくれるので、あなたは難しい専門用語など覚える必要はないのです。

電話より楽でスピードも早い。

しかも、そのリモートサポートはセーフティサービスに加入している限り、無制限で受けられます。

さて、この3年間の無料修理と無制限の画面共有サポート。

いくらだと思いますか?

実は月額680円から。

セーフティサービスに加入が月額680円。

安いです。

いつでも解約できるので、あなたの都合でやめれます。

解約料は0円で。メール1本で解約できるのがセーフティサービス。

セーフティサービスの欠点

ただし、セーフティサービスには欠点があります。

それは、支払い方法の選択肢が少ないことです。

クレカか口座引き落としでしか加入できない。

私はクレカで登録しています。

ドスパラにクレカを登録しても、その情報は直接クレジットカード会社に転送されるので、個人情報も安心ですね。

【理由4】超わかりやすいフルカラーのマニュアル付だから

ドスパラのマニュアル

ドスパラで買えばフルカラーの超簡単マニュアル付。

初めてのパソコンでも安心ですね。

【理由5】価格.comのパソコン部門を独占したから

価格.comって知っていますか?

ステマなしの実際の購入者によってレビューされた通販サイトです。

そこで、2018年度、ドスパラは大賞、金賞、銀賞、銅賞と4つの部門で選ばれました▼▼

価格コム独占

1つのパソコン会社がすべてを独占するの初めてだと思います。

それだけ、購入者に支持されてるパソコンなんですね。

ドスパラのGTX1000シリーズパソコンの紹介

ここでドスパラのRTX2060、GRTX2070、RTX2080ti搭載型パソコンを紹介させてください。

GTX1050ti搭載のゲーミングパソコン

■ CPU:Ryzen 5 2600
■ グラボ:GTX1050ti
■ メモリ:8GB
■ SSD:240GB
■ HDD:1TB

価格は9万円以下。

とにかく安く済ませたい人。

最高画質にこだわらずに、中画質で満足できる人。

そんな人におすすめします。

↓↓どうしてもお金がない人向け(ベンチ261)↓↓
>>GTX1050ti搭載ゲーミングパソコンを見に行く

RTX2060搭載のゲーミングパソコン

■ CPU:Core i7-8700
■ グラボ:RTX2060
■ メモリ:8GB
■ SSD:500GB
■ HDD:2TB

価格は15万前後。

このパソコンはR6S(レインボーシックス シージ)以外のゲームも、オーバーウォッチ、ウィッチャー3、FF14、BF1、GTA5などのゲームも高画質でサクサク遊べます。

ドスパラでよく売れています。

高画質でサクサク動かしたい人向け。

>>RTX2060搭載ゲーミングパソコンを見に行く

RTX2070搭載のゲーミングパソコン

■ CPU:i7-9700k(new:i7-7700kと比べて48%性能UP)
■ グラボ:RTX2070(new)
■ メモリ:8GB
■ SSD:500GB(無料アップグレード)
■ HDD:2TB

価格は18万前後。

4k画質であらゆるゲームが最高画質で遊べるでしょうね。

VRゲームも楽しめます。

フルHDならウルトラ設定やエピック設定でサクサクです。

人気No1のゲーミングパソコンです。

コスパの良いパソコンで、これを選べば間違いなしです。

>>RTX2070搭載ゲーミングパソコンを見に行く

RTX2080ti搭載のゲーミングパソコン

■ CPU:Core i9-9900KF
■ グラボ:RTX2080ti
■ メモリ:16GB
■ SSD:512GB
■ HDD:3TB

価格は28万前後。

これはコスパが悪いかなと個人的に思います。

コスパが悪くても最高のものが欲しい人向けですね。

このパソコンを所有すればスペックランキング上位1%の人間になれるでしょう。

↓↓コスパは気にしない、最高のものが欲しい人へ(ベンチ1053)↓↓
>>RTX2080ti搭載のゲーミングパソコンを見に行く

自由にカスタマイズできるので、熱に強いタフなゲーミングパソコンが手に入る

ドスパラはBTOショップなので、自由にパーツをカスタマイズして、注文できます。

自分好みのパソコンが手に入ります。

カスタマイズをおすすめ順で紹介させてください。

予算がないならカスタマイズしないで買っても問題ありません。

予算があるなら、自分好みのパソコンにカスタマイズして注文しよう

カスタマイズしようといわれても、何をどうすればいいかわかりにくいですよね。

そこでゲーミングパソコン購入アドバイザーの私にアドバイスさせてください。

(スマホ購入時のカスタマイズについて説明しますね。)

ちなみにカスタマイズ項目は

サービス・ソフトウェア
 OS
 修理代金無料のセーフティサービス
 延長保証
 初期設定をして出荷
 パソコン下取りサービス
 オフィスソフト
 訪問をしてパソコン設置と初期設定
 データ復旧安心サービス

 
本体構成カスタマイズ
 CPU
 CPUファン
 CPUグリス ⇦おすすめカスタマイズ3位
 グラフィック機能
 電源 ⇦おすすめカスタマイズ2位
 メモリ ⇦おすすめカスタマイズ1位
 SSD
 ハードディスク/SSD
 パーティション分割
 ハードディスク(追加1)
 ハードディスク(追加2)
 光学ドライブ
 サウンド
 ケース
 ・・・・その他

とあります。

基本的にカスタマイズしないでそのまま買っても十分なスペックです。

カスタマイズの必要性を感じませんが、どうせならカスタマイズに挑戦してみたい!って方はこの3つだけカスタマイズしてください。

それは、メモリ、電源、CPUグリスの3つだけです。

他はそのままで十分です。

まずはメモリです。

カスタマイズの方法は、

カスタマイズ2

この【構成内容を変更する】をクリックします。

【おすすめのカスタマイズ1】メモリを8GBから16GBに

GTX1050ti、RTX2060、RTX2070搭載型のパソコンのメモリは標準で8GBしか積んでいません。

これだとマルチタスク、例えばゲームをやりながら、友達とスカイプでしゃべり、裏で動画編集の作業をするなどがきついです。

だから、そういったマルチタスクをするなら16GBにパワーアップしましょう。

約1万円前後で8GBから16GBにできるのでお得です。

そんなに金銭的な負担にはなりませんよね。

メモリカスタマイズ2

この画像を参考に16GBに変更してみましょう。

【おすすめのカスタマイズ2】日本製コンデンサの電源に変更

質の良い電源を積めば、熱による劣化がすくなく長持ちします。

つまり電源を変えればゲーミングパソコンがタフになるということ

電源カスタマイズ2

おすすめはこの、オウルテック 700W 静音電源 (80PLUS GOLD / AS-700)です。

少し技術的な話になりますが、日本製コンデンサ105℃なので、熱による劣化も少なく、長持ちする電源です。

パソコンをつけっぱなしにする人はカスタマイズしたほうがいいです。

パソコンの寿命がのびます。

【おすすめカスタマイズ3】CPUの冷却性能アップで安定動作

最後におすすめするカスタマイズはCPUファンとCPUグリスです。

今ならCPUファンはすでに大型の静音ファンにアップグレードしています。

なのでCPUファンはカスタマイズしなくていいです。

このCPUファン大型化とCPUナノダイヤモンドグリスで、ドスパラのゲーミングパソコンはおよそCPUの温度を11℃下げることに成功しました。

CPUは演算処理をすればするほど熱を持ちます。

そして熱くなりすぎると一時的に性能をダウンさせることがあります。

性能ダウンさせたくない、または動作を安定させたいならぜひ、CPUグリスのナノダイヤモンドを追加してください。

CPUグリスはナノダイヤモンドグリスで。

CPUグリスカスタマイズ2

モニタを持っていないならBenQブランドを買いましょう

本体選びとカスタマイズはこれでいいとして、モニタ選びで迷うと思うのでゲーム用のおすすめモニタを紹介します。

モニタ選びは大事です。

ノートや一体型パソコンとタワー型ゲーミングパソコンの違いでもあります。

しかし種類が多いです・・・。

でも大丈夫。

プロゲーマーが使ってるブランドがあるので、それと同じものを買えばいいのです。

そのブランドが「BenQ」のモニタです。

ノングレアで目にも優しいものです。

性能は・・・

BenQ ZOWIE XL2411P(DP) (24インチ)で144hzです。

144Hzというのはパラパラ漫画で例えるなら1秒間に144枚パラパラしてる感じです。

つまり通常のモニタの2倍以上なめらかに動きます。

だから、敵の動きを正確にとらえられますし、残像も出ません。

つまり、FPSやアクションゲームで圧倒的に差をつけれるんです。

144hzを体験したあとに60hzのモニタでゲームをやると遅く感じるほどです。

FPSガチ勢ならBenQ ZOWIE XL2411P(DP) (24インチ)で約3万▼▼

安く済ませたいならViewsonic VX2458-MHD-7 (23.6インチ)で約2万円▼▼

モニタ12

安いモニタでも実は144hz出るんです。

2万円で144hz出るモニターはこれ以外ないでしょうね。

モニタを持っていないならこの2種類から選びましょう。

まとめると

友達とスカイプチャットをやりながらゲームをするなど、同時に複数のソフトを動かす人はメモリを8GBから16GBにアップグレードしてください。

カスタマイズの中で最優先事項です。

次は電源。

これを日本製コンデンサのチタン電源に変えることでパソコンの長寿命化を目指しましょう。

ゲーミングパソコンつけっぱの人はぜひ替えてください。

最後にCPUの冷却性能アップです。

これをカスタマイズすれば、熱による性能ダウンを防げますし、安定動作につながります。

予算がないなら、せめてメモリだけでもカスタマイズしたいところです。

どうしても無理だったり、カスタマイズが面倒なら、そのまま買うのもありです。

↓↓どうしてもお金がない人向け(ベンチ261)↓↓

>>GTX1050ti搭載ゲーミングパソコンを見に行く

↓↓割安のゲーミングパソコン(ベンチ計測中)↓↓
>>RTX2060搭載ゲーミングパソコンを見に行く

↓↓これを選べば間違いなし。人気NO1のRTX2070搭載ゲーミングパソコン(ベンチ871)↓↓
>>RTX2070搭載ゲーミングパソコンを見に行く

↓↓コスパは気にしない、最高のものが欲しい人へ。(ベンチ1053)↓↓
>>RTX2080ti搭載のゲーミングパソコンを見に行く

購入は簡単です。

カスタマイズする人は【構成内容を変更する】をクリックして、自分好みにカスタマイズ。

カスタマイズしない人は、【変更せずカートに入れる】をクリック。

セーフティサービスに加入するのであれば、延長保証はいりません。

セーフティーサービスに加入している限り、3年間は自然故障も物損故障も無料で修理してもらえるので、延長保証はいらないと思います。

セーフティサービスは月額680円からです。

いつでも解約できて、解約料も0円。メール1本で解約できるので安心です。

クレカ払いでもクレカ情報はドスパラに残らずに直接クレジットカード会社に転送されるので安心です。

送り先住所の入力

続いて住所入力です。

そして、最後に支払い方法を選びます。

クレカ払い、口座引き落とし、コンビニ支払い、代引きと支払い方法がたくさんあるので、自分にあった方法で支払いましょう。

あとは1~3日待つだけです。

配達員のお兄さんが届けてくれたら、安全な場所でゲーミングパソコンを段ボールから取り出しましょう。

重さ約14㎏と重たいので気を付けてください。

高性能だから重たいし大きいのです。

その大きさが高性能の証です。

そしたら、コンセント、キーボード、マウス、モニター、インターネットをつなげるだけです。

ちなみにドスパラオリジナルのゲーミングキーボードとゲーミングマウスは無料でついてくるので買わなくでも大丈夫です。

必要なのはモニタだけです。

もし、有線のLANケーブルを使わずに、wifiで使うなら、無線子機も買いましょう。

無線LAN子機2

Amazonで買うのも、近くの家電量販店で買うのもありです。

届いてから5分~10分後には使えてるでしょう。

OSはインストール済みなので難しい設定は何もありません。

すぐに届くし、設置してすぐに使えます。

今すぐ買ったほうがいい理由

RTX2070搭載型ゲーミングパソコンは今ならキャンペーン中です。

キャンペーン中でSSD500GBが追加アップグレードになっています。

SSD500GBにOSをいれて届けてくれるので、パソコンの起動もはやいです。

SSD500GBの中にゲームをインストールすれば、ゲームの起動時間やマップ読み込みのローディング時間も大幅に短縮します。

ぜひキャンペーンが終わる前に買いましょう。

さらに、今ならCPUも無料アップグレード中です。

37,980円相当のCore i7 8700が、49,858円相当するCore i7 9700Kに無料アップグレード中なんです。

つまり、今なら約1万2000円相当のアップグレードが無料なんですよ。

↓↓この2つのキャンペーンが時間差で終了しているかもしれないので、確認しましょう↓↓

>>RTX2070搭載ゲーミングパソコンを見に行く

ゲーミングPCを買った人の声|ユザーレビュー

ドスパラに届いている購入者の声を一部抜粋しました。

GTX1050ti搭載ゲーミングパソコンを買った人の声

購入者の声購入者の声

メモリを16GBにカスタムして購入しました。 デスクトップを買うのが久々だったので動作の軽さや静音性に驚きました。 とても満足しています。ゲームも快適に出来ており、今のところ不満はありません。

↓↓どうしてもお金がない人向け(ベンチ261)↓↓

>>GTX1050ti搭載ゲーミングパソコンを見に行く

RTX2060搭載ゲーミングパソコンを買った人の声

購入者の声購入者の声

FF14のために購入 大多数の敵と戦闘しても特に重くならずに良い感じです ただ、時折かくつくのが少し気になりますが 静音性は冬場なのもあってか温度も上がらないため特に物凄く静かです 配送に関しても注文してすぐさま届いたのでとても良かったです 唯一個人的な欠点があるとすれば、知り合いにガレリアはデザインがね…と言われて実物見るとデザインがちょっとダサいかな…くらいかなーと思います

購入者の声購入者の声

ゲーミングPCを購入しようと検討し、予算15万円程度で買えるPCでは最も性能が高いと思い購入しました。 プレイするゲームはCiv6、Planet coaster、Anthemなど。 やや重いゲームであっても最高画質でサクサクと動きます。しかし、デフォルトのままだと ややメモリが足りずデュアルスクリーン使用時にややかくつく場面があったので 後ほど、ドスパラさん店舗でメモリを追加購入して16GBで動かしております。 静音性に関しても処理中であってもファンが回ってる音がしますが非常に静かで 深夜のゲームプレイに気になるということはなかったです。 長い間PCの性能不足で悩むことはなさそうなので 非常に満足しております。 予算15万円では最高の性能ではないかなとおもっております。

↓↓ドスパラのRTX2060搭載ゲーミングパソコン(ベンチ計測中)↓↓

>>RTX2060搭載ゲーミングパソコンを見に行く

RTX2070搭載ゲーミングパソコンを買った人の声

購入者の声購入者の声

今までゲームはPS4でやっていましたが、FPSはマウスとキーボードでやりたかったしBF5も発売されたのをきっかけにゲーミングPCの購入を検討していました。 今回購入時にBF5のDLコードが付属していたのとRTX2070がコスパがいいとのことだったので購入を決意しました。 ゲーミング用のモニターは持っていなかったのでとりあえずリビングのテレビ(4K HDR)に接続してBF5を起動。 起動の速さはさすがSSD。画質はとても満足できるものでした。 将来的にVRの導入も検討しているのでVR READYとなっていることも決めての一つでした。 メモリは8GBのままでしたが、16GBカスタマイズすればよかったかなと思ってます。 初のゲーミングPCでしたが総じて満足です、PS4ではFORZAシリーズができなかったのでこちらも遊びたいです。

購入者の声購入者の声

初めてゲーミングPCを購入した初心者です。今のところ不具合と思わしき現象は確認しておらず、ゲームはもちろん、それ以外での使用でも全く重くなく非常に快適です。今まで使っていたPCとのカルチャーショックがすごい。ありがとうございました。

↓↓これを選べば間違いなし。人気No1のRTX2070搭載ゲーミングパソコン(ベンチ871)↓↓
>>RTX2070搭載ゲーミングパソコンを見に行く

RTX2080ti搭載ゲーミングパソコンを買った人の声

購入者の声購入者の声

PCの性能は想像通り満足のいくものでした。主な用途は、Photoshopによる画像作成と動画編集、それにFPS視点のシューティングゲームです。 ただ電源ケーブルが非常に硬く、取り回しがしづらかったです。 扱い易いソフトなものが付属していると良いと思います。

購入者の声購入者の声

注文してから3日で届きました、しっかりした梱包で、流石ドスパラさんです。 もともと自作erですが、仕事が忙しくて面倒くさくなりましたので、BTOでもいいやと思ってこの子と出会いました。 正直、パーツのメーカーとか載ってないから、結構不安でしたが、マザーボード以外は概ね満足しています。結構同時にいろんなことをやるので、メモリを32Gに変更しました。 まず評価したいのは結構静かです、ちょっとファンの音は出ますが、気にならない程度と思います。 前任の子はGTX1080なので、RTX2080Tiになってもそんなに変わるかなと思いましたが、 想像以上にすごいでした!4Kモニターを使ってて、GTX1080だと4K解像度でゲームをするのはちょっと無理ですが、今は4Kでも60fpsなんて余裕余裕って感じです。 VIVE PROも持っていますが、VRだとGTX1080とあんまり変わらないような気がします。 まぁ、重いゲームは持っていないから何とも言えません。 拡張性について、マザーボードのせいで多分あんまりできないと思いますので、この構成のままで次の子まで使おうかなと思います。 最後ですが、30万も超えているのにコスパ抜群とかは言えないですが、値段相応の性能だと思います。

↓↓コスパは気にしない、最高のものが欲しい人へ。(ベンチ1053)↓↓

>>RTX2080ti搭載のゲーミングパソコンを見に行く

PS:ドスパラなら、ゲーミングキーボードとゲーミングマウスも無料でついてきます。別で買わなくても大丈夫です。必要なのはモニタだけです。

PPS:ドスパラは中間業者を通していません。つまり、私たちはドスパラと直接取引しているわけです。これが安さの秘密です。

PPPS:ドスパラは3年連続、価格.comでランキング1位をとってます。

PPPPS:ドスパラのパソコンは難しい設定がなく、届いたら電源などケーブルをつなげるだけですぐに使えます。さらに月額680円払えば3年間は無料で0円で修理してもらえます。ちなみに無制限の無料リモートサービスも受けられます。マニュアルも付いています▼▼
ドスパラのマニュアル

PPPPPS:ステマなしのユーザーによる家電レビューサイト、価格.comで2018年度、大賞、金賞、銀賞、銅賞、すべて独占しました▼▼
価格コム独占

今だけキャンペーン一覧

今ドスパラで購入すれば、、、

 ・48分割払いまで金利手数料0円
 ・ウイルス対策ソフト12か月、無料プレゼント
 ・オリジナルゲーミングキーボード付き
 ・オリジナルゲーミングマウス付き
 ・RTX2070搭載モデルならi7-8700からi7-9700kに無料アップグレード中(1万2000円相当お得)

これらキャンペーンはいつ終了するかわからないので欲しいのなら今日がお買い得ですよ♪

一番人気で今買えばチョーお買い得ゲーミングパソコン。しかも、あらゆるゲームがウルトラ、エピック設定でサクサク、VRや4k画質でもサクサク。さらに、120hz以上出るのでFPSゲームで勝ちまくれる超高性能万能型ゲーミングパソコンはこちら>>